トップページお支払・配送について運営者の紹介お問い合わせ会員登録カートの中
商品検索
キーワード   
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ
商品詳細

BELDEN 5120FJ RCA-RCA



  
商品番号 4029
商品名 BELDEN 5120FJ RCA-RCA
販売価格 6,500円
メーカー BELDEN
送料区分 送料別
在庫
ポイント 1%

ケーブル長:
プラグを選択:
ハンダを選択:
配送方法:
数量:


 

奇跡の再入荷予定!




「このケーブルは伝説になるかもしれませんね!」
これは、とあるユーザー様からいただいたお言葉です。
私もこのケーブルは是が非でも再販して、もっと多くの皆さまのお手元へ届けたい!

そして、数年の時を経て、ついにその思いが実現しました!!!

BELDENのNEW GENERATIONシリーズ

最高峰単線ケーブル「BELDEN5120FJが奇跡的に再入荷いたしました!

BELDEN5120FJは弊社で販売を開始するや否や、爆発的な人気を誇り、
1スプールが半年程度で売り切れてしまいました。
そして販売終了後も問い合わせが殺到し、どうにか再入荷出来ないものかと長い間
アメリカ本国等を中心に探し続けていたのですが在庫が無く、
どうしようも無いまま時間だけが過ぎていっておりました。

ですが、今回ようやく1スプールだけ奇跡的に見つけ出す事が出来ました!
本当に素晴らしいケーブルなので、今回の再入荷は本当に嬉しく思っています。

 

 

こちらの「BELDEN5120FJ」の構造は凄いです!

なんと非メッキ純銅線2芯の14AWGの超超極太単線にシースがPVC、
絶縁体は発砲ポリウレタン
となります。

 

 

 

太い芯線をケーブルとして使用する場合、
撚り線ですと線材間を電流が飛び交う
「迷走電流」

発生してしまう可能性が多くなってしまいます。

 

その結果、余計な付帯音が発生し、それが雑身となって表れてきたり、

ノイズの原因となってS/Nが極めて悪くなってしまいます。

 

そこで当方は、迷走電流の発生がない単線導体を採用し、余計な付帯音が無く、

ノイズや歪みの極めて少ないクリアな伝送を、14AWGという極太のケーブルで実現出来る

「5120FJ」を弊社ラインナップとして採用いたしました。

 

はっきり申しまして、このケーブルの音質は素晴らしいです!

個人的にはWEの単線等とは一線を画すケーブルだと思います。

 

 

まずは14AWGという極太単線だからこそ実現出来る鮮烈な揺るぎの無い音像定位
 

これも14AWG極太線だからこそのリアルで広大な音場表現とダイナミックレンジの広さ
 

単線+アルミラップシールド+発砲ポリウレタン絶縁体が織りなす驚異的なS/Nの良さ
 

更には鮮烈なまでの分解能の高さ
 

リッチな質感で各帯域の描写感の素晴らしさ
 

音の立ち上がりの早さと1音1音の粒立ちの分離感の良さ
 

音の密度間とパワフルで量感溢れるサウンド
 

定位のバランスが素晴らしく、空間描写力に優れたサウンド

 

そしてこちらはNEW GENERATIONシリーズに一貫してある「クリア」な音質はそのままです。

また単線だからといってタイトで硬過ぎる音質ではございません。

上記の構造が及ぼすその音質は硬過ぎず、柔らか過ぎず、絶妙なバランスでございます。

数万円クラスのハイエンドケーブルを完全に凌駕していると言えます。

 

こちらのBELDENが誇る最高峰の単線ケーブルは1スプールの限定販売となります。

14AWGという太さの単線ケーブルは滅多に入手出来ないどころか、
国内ではお目にかかれないのでは無いかと思います。

今回の入荷を逃せば二度と入手出来る事は無い、激レアケーブル、この機会に是非!!

 



以下、ユーザー様のお好みの組み合わせでカスタマイズ可能です。
ケーブルの必要な長さ・プラグ・接合に使用するハンダを、
お好みの音の傾向に合うようなものをお選び下さい!



ケーブルはプラグで音が激変します。

当方がお勧めするプラグとサウンドの傾向を記載させていただき、

ユーザー様のお求めになられてる音質や性能を持ったプラグを選んでいただければと思います。

 

デフォルトはノイトリック製のゴールドメッキRCAプラグ NYS352BGになっております。

 

商品画像

型番

サウンドの傾向と性能

価格

ノイトリック

NYS352BG

とても頑丈で、

バランスのいいプラグです。

 

デフォルトはこちらのプラグに

なっております。

¥0

ノイトリック

NYS352


NYS352BGのニッケルボディーバージョン

レンジの広さを求めるなら、こちらのプラグ!

 

更に歯切れの良さと元気はつらつとした

音質が印象的なコストパフォーマンスに

優れたプラグとなります。
 

+600円

ノイトリック

NYS352B

  

NYS352のブラックボディーバージョン

NYS352のレンジの広さと歯切れの良い

音はそのままで、

更に弱磁性のブラックボディーが、

極めて歪みの少ない音質を奏でてくれます

 

当店お勧めのコストパフォーマンス絶大の

プラグになります。 

 

+800円

 

ノイトリック

PROFI

 

プロフェッショナルという言葉がふさわしい

ノイトリックの最上級RCAプラグです。


従来の中心コンタクトの接続では無く、

中心コンタクトよりも先にグラウンドが

接続される仕様になっており、
高音質な1ランク上の

RCAプラグになります。

 

+6.000円

 

 カナレ

F-10


音声用としては大定番です。


業界標準といっても過言ではありません。


フラットな特性でS/Nも大変優れており、

モニタリングにも最適なRCAプラグに

なります。

 

+1.300円

 

 トモカ

JS-83

 

大口径に対応したプラグです。

作りの精巧さと

品質の高い音が売りの大変コストパフォーマンスに優れたプラグです。

 

 

+1.400円

その他、フルテック製やオヤイデ製、カルダス製などのハイエンドオーディオグレードプラグもご用意出来ます。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 



ケーブルとプラグを接合する
ハンダに気を使うことでサウンドに大きな影響を与える事が出来ます。

当方が厳選したハンダのサウンドの傾向を記載させていただき、

ユーザー様のお求めになられてる音質や性能を持ったハンダを選んでいただければと思います。

 

デフォルトはフラット特性が素晴らしい「和光テクニカルSR-4NCu」になっております。

 

尚、ピンク色の表のハンダは大変レアなビンテージハンダになります。

ビンテージハンダは在庫が終わりましたら、
予告無く取り扱いを中止する場合がございますので、ご了承下さい。

 

 

 

型番

サウンドの傾向

価格

和光テクニカル

SR-4NCu

 

フラットで癖が無い無鉛銅銀入りハンダ。

 

従来の銀ハンダに比較し30%以上も抵抗値を下げる事に

成功した高性能のハンダです。

 

従来の銀ハンダでは得られなかったレンジの広い
透明なサウンドを得る事に成功してます。

 

又高信頼脱塩素フラックスの使用により

刺激臭やハンダ表面の酸化も防止し
音質の経年変化も少ないのが特徴です。

 

 

¥0

KESTER44

 

定番中の定番!

高い信頼性と高品質を実現した定評ある製品です。

Beldenの純正ケーブルにも使用されており、

世界中で愛されてるハンダの1つです。

 

高域から低域までバランスが良く、
中域に存在感があることから、

楽器用ケーブルには最適なハンダです。

 

+200円

日本アルミット

KR-19

 

非塩素系のヤニ入りハンダ。

なんと、あのNASAのスペースシャトルの

基盤などに使われています。

腐食が圧倒的に少なく、音質も非常にバランスが良く、
高解像度。

レンジも広く、お勧めです。

 

+300円

日本アルミット

KR-19

SHRMA

 

非塩素系のヤニ入りハンダ。

上記KR-19の高精度電子回路専用のハンダとなり、

当店お勧めの超高性能ハンダとなります。

 

とにかくレンジが圧倒的に広く、フラット!

 

+500円

S/A LAB

AUDIO SOLDER

 

錫と銀を主成分とする無鉛ハンダ。

AET社にトリートメント処理を依頼し、

歪み感が圧倒的に少ない、フラット特性なハンダです。

スピード感も申し分なく、明瞭なイメージです

 

+400円

K.O.サウンドラボ

英国マルチコア SAVBIT

 

 

鉛ハンダの最高峰!幻のSAVBITハンダです!

天然松ヤニ蓮根型の5芯仕込みの特殊構造ハンダです。

 

重厚な低音、歪み感のない明るい中音、
濁りのない滑らかな高音

熱狂的なファンが多いハンダです!

 

鉛ハンダ派の方、お勧めです!


 

+500円

AET

DCT-MIL/RMA

 

超高性能無鉛ハンダ。

通常のハンダよりも約30%の低抵抗を実現させ、

非ハロゲン系のフラックスを採用し、
ケーブル、コネクター、への腐食がありません。

音に嫌味が無く、とても素直な音質です。

音の解像度は圧巻です。

完全にピュアオーディオクオリティです!

  

+500円

OYAIDE

SS-47

 

高純度4N錫を主成分とする純銀入りハンダ。

 

このハンダは正に魔法のようなハンダです。

圧倒的なワイドレンジ感とナチュラルで
温かみのある音質です。

 

音の透明感や解像度も抜群で、

尚且つクセが少ないサウンドはお見事です!

  

+500円

K.O.サウンドラボ

ゴールドニッカス

 

金入り鉛フリーハンダ。

圧倒的に抜けのいいサウンドです。

低域から高域までとても伸びやかで艶があり、

やや柔らかめの音質になります。

オーディオ用に開発されたハンダですので、
さすがにいい音します。

  

+600円

K.O.サウンドラボ

プラチナゴールドニッカス

 

上記のゴールドニッカスにプラチナを0.1%加えたハンダ

このハンダはヤバイです。

霧が晴れ渡るような中低域と伸び伸びした高域が印象的で

それでいて嫌味が無い素晴らしい音質です。

 

全てがクリアー!


音の立体感、表現力は文句無しです。

 

鉛フリーハンダの最高峰!

当店一押しです!

  

+800円

K.O.サウンドラボ

プラチナゴールドニゲカス

 

プラチナゴールドニッカスから飛躍的に性能が上がった

世界で初めてニゲカスを使用した革新的なハンダ。

 

歪みの無い非常に伸びやかで超ワイドレンジサウンド!

音像定位にも優れ、超立体サウンド!

 

低域はブーミーな感じやこもり感は全く無く、
実直なサウンドに、

そして中高域は伸びやかで澄み渡り、
清々しいサウンドに、

 大変リアルで滑らか且つ艶やかな超美音サウンドです!

 

更に腐食に圧倒的に強いのもこのハンダの特徴です。

 

プラチナゴールドニッカスを凌いだ、
正に現行ハンダの最高峰!

 

とにかく凄いハンダです…。

  

+1.500円

KESTER44

 

ビンテージ

 

 

現行のKESTER44みたいに中域が強調されたような

音質では無いですが、古き良き時代の何とも言えない

トーンがあります!

 

楽器系のケーブルやマイクケーブルなどにお勧め!

 

 

+850円

KESTER66

 

 

レアです!

上質なトーンと抜けの良さが特徴的です。

 

比較的出音も太く、
楽器系のケーブルなどにはお勧めです!

 

 

+950円

英国マルチコア

 

ビンテージ

 

レアです!

5芯構造の蓮根型ハンダ。

 

適度なざらつき具合がクセになります。

高域の抜けも良く、
解像度とパワー感も申し分ありません。

 

 

+1.150円

DUTCH BOY  BLUE

 

 

ついに放出です!

DUTCH BOYの青缶はやはり出音の太さ、
パワー感が売り。

 

音抜けも素晴らしく、
ビンテージながらの艶もある大変素晴らしいハンダです!

 

 

+1.150円

DUTCH BOY  BLACK

 

 

激レアです!

奇跡的に入荷しました。

 

DUTCH BOYの黒缶はビンテージハンダの最高峰です。

 

とにかく独特の音艶がクセになります。

青缶同様、出音の太さ、パワー感は最高!

一音一音に躍動感があります。

 

もう在庫限りで入荷は不可能です

 

 

+1.350円

NASSAU

 

 

激レアです!

Western Electric御用達の黒缶(C ROSIN)。

もはやこのビンテージハンダは伝説と化してます。

 

何故、伝説と言われてるのか、

それはただ単に古いハンダという意味ではありません!

とにかく一度お試し下さい!

 

 

+1.350円

NASSAU OLD LOGO Version

 

 

スーパー激レア!

 

NASSAUのオールドロゴ。

NASSAUハンダの中でも初期物です。

 

ビンテージハンダのキングとも言われてますが、

現行品のハンダでは決して味わえないトーンがあり、

それは古臭いのではなく、斬新です!

 

ビンテージハンダを限りなく味わいたいのであれば、

これです!

 

 

+2.150円

ALPHA METALS

 

 

激レア!

 

1950年頃のアメリカ製の3芯型のハンダです。

 

とてもアグレッシブな音で、躍動感があります。

全帯域にパワー感があり、楽器系のケーブルには

大変お勧めです!

 

 

+950円

 



尚、ケーブルの追加延長は0.5mペアにつき
+2,400円となります。

お好みの長さで製作いたします。

 

※5.0mペア以上のオーダーも可能でございます。

商品注文の際に、ご希望の長さを「通信欄」に記載して下さい。

 

 

 

 

 

ケーブルをカスタマイズして、貴方だけのオリジナルケーブルにしてみませんか?

購入されたケーブルにメッシュ保護やシールドメッシュ保護を施工します。

またfo.q処理で圧倒的な振動抑制対策をすることにより、
驚くほどノイズレス且つ高音質なケーブルに様変わりします!

デフォルトのケーブルでは比較にならないほどクオリティーが上がります!

詳細はこちら

※カートの金額は0円になっておりますが、詳細ページで金額をご覧下さい。
別途見積もりとなり、商品ご購入後に送信させていただく
メールにて合計金額を記載させていただきます。

 

また、熱収縮チューブによる端末加工も施工可能です。

カラーは「黒、白、赤」とございます。

ご希望の方はこちらからお求め下さい。

 

 

 

 

こちらのケーブルをご購入いただいた皆様の声を掲載させていただきます。 

 


 

岡山県在住の「N」様

(★★★★★ 5.0)

 

この度は販売前に素晴らしいケーブルをお売りいただいてありがとうございました。

プリ-パワー間で試しましたが、

単線ケーブルで好きで、色々と購入はしてきましたが、

今まで試した単線ケーブルの中だと間違いなくダントツで最強です。

 

今まで体験した事の無い質感と、更には物凄いパワーで

まるでコンサート会場に来たようなイメージです。

 

さすがに太い単線ですので取り回しは若干苦労しますが、

それでも繋いでる機器は動かす事は無いし、

この音で聴けるなら大した問題ではないです。

 

この度は本当に本当にありがとうございました。

またお世話になるかと思いますので、その時は何卒よろしくお願いいたします。

 

 






 

福岡県在住の「N」様

ベルデンの極太単線を使ったケーブルが届きました。
私の真空管アンプ(前段とパワーアンプ)間につなぎました。
さすがに朗々となっています。

アンプの設計をした音のエジソンの〇〇さんから、WEかベルデンかという比較より、
6N以上の銅線なら、単線か撚線か、
あとは太さ(インピーダンスの差)が音には影響が大きく単線が最高とのことを聞かされていました。
事実、有名な8412との差は歴然としています。

WEも単線(WEでも撚線は少し落ちます)なら音質に大差はありませんが、
線の太さによる差はあるようです。

次回には、6320FLで違いを確認しようかと考えるようになりました。

5120FJは、まだエイジングはできていません(届いて直ぐつなぎました)が、
実に伸びやかに鳴っています。
もっと良くなることが期待できます。有り難うございました。




福岡県在住の「Y」様
(★★★★★ 5.0)

・使用環境
ONKYO A-933〜(BELDEN 5120FJ RCA)〜C-733〜(BELDEN 847314A
WG)〜D-302E 8畳フローリングの部屋

・商品に対してのレビュー

この極太単線をAP〜CDPに繋ぎ替え、今まで不足していた音の大部分を「余裕」
で出せている感じです。

低音は、深さと幅のある豊かで温かみのある低音へ、高音は伸びやかで且つ音痩
せしない、実在感のある高音へ、
解像度も文句無く・・・解像度というか音が「その様」にあり、

「音」の事が気にならず音楽を聴く、
この普通の事をとても素晴しく感じる事が出来ました。

レコードからCDになって以来の違和感、「欠損感」が無くなり、

デジタルアンプなのにデジタルである事から開放され、且つデジタルの恩恵も得
て、雑音が無く音の間にもあるべき音がある安心感にひたる事が出来ました。

ウッドベースの音など、スピーカーが木の楽器になってます。

ONKYOのD-302Eスピーカーですが、16cmウーファーで30cmウーファーの音が
「無理なく」出てます。



広島県在住のO様

コード類はすべて、ワ○○スさんで作成していただいた、
ベルデンミルスペック83351および83352の2種類で、聞いてきました
が、このたびモッシュさんのおすすめに従い、5120FJを導入したところ、
驚くべきことに、83351も83352もお呼びでないパフォーマンスでした。

具体的には、
@音がストレートに出ることから、プリの目盛2時間分の幅で音量がアップしました。

Aタイトな低域と、どこまでも伸びる中高域は、聞けば聞くほど魅力的です。

BSNもアップして、これまで聞こえなかった真空管のマイクロフォニックノイズが、聞こえてしまうほどです。

私の結論として、もはや撚り線
には戻れない、というところでしょうか。



神奈川県在住のT様

まず、今回、BELDEN 5120FJ RCA-RCAを入手に当たり
当パソコンにも新しくオーディオボードを1枚追加しました。

ONKYO SE-300PCIE R2 を追加しました。
ONKYO SE-200PCI Ltd と2枚所有する形になりました。

以下レビューになります

【構成】

PC OS Windows 7
オーディオボード ONKYO SE-300PCIE R2
|
|---[BELDEN 5120FJ RCA-RCA]
|
真空管ヘッドフォンアンプ
12AT7
|
|---[BELDEN83335E miniXLR<--->TRS]
|
ヘッドフォン AKG Q701

再生ソフト MediaMonkey

【レビュー】

今回、BELDEN 5120FJ RCA-RCAの購入に合わせて
オーディオボードをグレードアップ。
また、オーディオ再生ソフトをWinampから
MediaMonkeyへ変更しました。

以前から、色々聞き比べをした結果。
WinampのASIO再生よりも、MediaMonkeyのWASAPIの方が
音が段違いに良いことに気づいたので、こちらに変更
Fooberなんかも使ってみましたが、やはりMediaMonkeyより
いい音が出るソフトが今のところ無い感じです。

さて、今まではBELDEN 83352E RCA-RCAを
使っていたわけですが、単線にしてみてまず、単線の特徴通り
スピード感がまず、全然変わりました、そして、全体的にクリア。

凄く澄み切ったクリアな音とスピード感はリアリティが充実して
そのソースが持つ特徴をそのままに引き出してくれる感じがします。

逆に言うと、雑な曲はリアルに雑に聞こえる印象。

BELDEN 5120FJの線の太さもあるんでしょうが、兎に角低域も
とっても力強くて良いです。どうしても低域が強く出ると
音がもっさりするイメージがあるのですが、単線だと全然
もっさりしない感じですね。適度に引き締まって、ポンポン音が
出る様には圧巻です。

現状Q701ではminiXLR端子のためアンプ〜ヘッドフォン間が
BELDEN83335Eしか試せないので、試しにSONYのMDR-1Rも聞いてみました。

こちらは
BELDEN5320FJ 3.5mini-TRS 1.5m
BELDEN 83322E 3.5min-TRS 2.0m
BELDEN 88760 3.5mini-TRS 2.5m

の3種類を所有していますので、5320と83322Eで比べてみました。
そこで、気づいたのが、オーディオシステムの上流側は
縒り線より単線を採用する方が良いのかな?と思いました。

理由は、やはり全域にわたってスピード感のある伝達の
単線は素のままに音を届ける力があるように感じました。

この上流に縒り線を入れてしまうと
やはり全体的に音が縒り線特有の味付けに
なってしまうので下流に単線を採用した場合に
単線の特徴が半減していることに気がつきました。

SONYのヘッドフォンで上流 5120F、下流 5320FJだと
非常に単線の特徴のスピード感が満点で、また音が非常にクリアで
びっくりするくらい硬派な音を聞かせてくれます。

一方で、上流に5120F、下流に83322Eをつなぐと、
やはり縒り線特有の繊細で全体的に少し丸みを帯びた優しい
鳴り方が堪能できました。

しかし。上流 83322E、下流 5320FJにしたときにもちろん、
縒り線同士のシステムよりはスピード感は向上してクリアな
感じもありますが、上流に単線を採用したときと比べるとやはり、
全体的に音が柔らかくスピード感も半減しているように感じました。

結果、上流側は極力素のままにクリアに伝達できる単線を活かし
下流側で自分の音の好みに合わせたケーブルをチョイスすると
良いのかな?と感じました。

もちろん、ヘッドフォンなどを使わないシステムの場合
そもそもケーブルがRCA-RCA一本くらいしか使わない場合は
ここで、単線や縒り線の選択をして性格を決めれば良いのでしょうが

システム構成的に複数のケーブルをまたぐ場合は
上流は単線が自分にはベストマッチな気がしました。

さて、そして、肝心の5120Fですが...

非常に恐ろしいケーブルですね!
これは買っておいて本当に正解でした。

太さから来る低域のボリューム感によって低域側の補正は
いらないですね。そして全体的にクリアですし、高音域まで
綺麗に再生しますから、もはやEQ等はいらないでしょう。

もともと、僕の持論でどうしてもEQ等を使用すると音が
濁る気がします。いろんなソフトで試しましたが
やはり、EQ等は使わない方が音の組成が崩れなくて好印象。

寧ろ、音を調整したければ真空管を変更したり
ケーブルを変更したり、ソフトではなく。
ハード面で味付けする方が好きです。

5120Fを上流にいれたことで、Q701は更に音が良くなりました。

オープン型ながら、低域の不足も感じることなく
引き締まった鳴り方は非常に小気味良く、活き活きした音が
心をわくわくさせてくれます。

ROCKなら歪んだ綺麗なギターの音色を聞かせてくれるし。
デジタルソースなら、非常にクリアな高音域や分厚い低音が鳴り響き
オーケストラなど弦楽器のような柔らかい楽器でも
とても奥行きのあるアナログ的な分厚い音が鳴ります。

兎に角リアルの一言につきますね。

音の分離が良いので、いろんな音が混じったソースでも
個々の音がしっかり判別できますね。

ピアノなどでは鍵盤をたたく音も綺麗に聞こえ。
ギターなどでは弦を指がはじく音も聞こえます。
ボーカルはかすれ声が非常にハスキーでぞくぞくします。
効果音などは凄くサラウンド的な鳴り方をするし。

ライブ音楽ではそのソースが持つ音場を綺麗に再現してくれます。

定位がそもそもしっかりしているのでブレがなく。
とても良いです。

兎に角、素晴らしいケーブルです。
値段を考えてもコスパは文句なしですね。

こうなってくるとQ701にも単線を採用してみたくなりました。
単線のminiXLR-TRSが本当に欲しいです。

でも、どうせ、採用するなら、出来るだけ、線の太い単線が
試したいですね。 やはり14SOLIDが使えたら凄く良いのになぁと
思います。そのうち、14SOLIDのような太くて固めのケーブルでも
miniXLR-TRSが可能になりそうな時が来たら是非、制作お願いします。

それでは、かなりの長文になりましたが。
とにかく、素晴らしい音楽ライフが毎日送れるようになりました。

moshsoundさんにはホント感謝です。
今後もお世話になりますので是非よろしくお願いします。

それから、最後に余談ですが、格安自作キットで作ったPCでは
PC本体の電源も要注意ですね。

2SLOT幅を使用するごっついグラフィクボードを採用してましたが
実は、私のパソコンのオーディオ環境の音楽再生が安定しないのは
こいつが悪さしていたようで。
こいつを外したら常に安定して音楽を再生してくれるようになりました。

これは、本当に音質が全然変わるので、
やはりPC電源の容量ですかねぇ・・・

オーディオボードへの安定した電力供給は大切かもしれません。